iPhoneをトータルで保証する仕組み

iPhoneはアップル社の製品ですが、アップル社では1年保証をしています。

アップル社の1年保証はMacやipadでも同様ですが、iPhoneやipadも含めて端末の故障のみに対応しています。


盗難や火災などによる紛失には対応していないので注意が必要です。


また、水をこぼしたなどの故障も対象外です。

また、延長保証であるアップルケアも選べるのですが修理規定はほぼ同様であり、保証期間が伸びるだけと考えておくと良いです。

それでも数年の保証が付くことは安心に繋がります。
アップルケアはiPhoneを購入した際に買える他、購入後1年以内ならストアから購入可能です。
また、通信キャリアによっては独自に保証をつけている場合も多くなっており、その場合はAppleケアが使えない場合もあります。



キャリアが用意している保証は主に月額制でずっと保証を付けられるものです。



ただし、無償修理については修理価格の規定が用意され、一定額は利用者も支出しなくてはなりませんが、水没や盗難等の場合でも支出上限が決められており、他で修理するよりはかなり安く行える場合が多いです。iPhoneは落下させやすく、盗難されやすい端末なのでさらに万全な保証が欲しいという方も多いようですがその場合は保険を利用することも可能です。

iPhone向けの保険ではなく、所有物に対して保険をつけることが可能です。

保険は単独でつけるものと自動車保険などに付加する物があります。