iPhoneでのインターネットをより便利にする

iPhoneでインターネットを行うときは、「サファリ」というアプリを使います。

このアプリは標準設定のままでもインターネットを楽しめるように作られていますが、ブックマークレットという機能を使うことでより快適なインターネット環境を作ることが出来るのです。
ブックマークレットとは、Webブラウザで機能するプログラムのことで、様々な動作を実行させることが出来る機能です。最近のWebサイトには、Webページに重なるように表示されるフローティング広告が設定されていることがあります。ただ表示されるだけでなく、画面内を動きまわったりスクロールに追従してくるなどストレスが溜まってしまいます。

そこで、「invalid FloatAd」というブックマークレットを登録すると、こういったフローティング広告を非表示にすることが出来るのです。

ポイントは、広告が完全に読み込まれた後に実行することです。

Webサイトの中には、パソコンで閲覧することを前提としていてiPhoneでの表示に対応していないサイトも少なくありません。



そういったサイトでは、「Simplify Styles」というブックマークレットを実行することでiPhoneでの閲覧に適した配置に直すことが出来るのです。


配置を換えるだけで情報量は減らさないため、全てのコンテンツを閲覧することが可能です。



iPhoneでインターネットをするときには、ブックマークレットを意識するとストレスの無いネットサーフィンを楽しめるのです。