iPhoneとウェアラブルデバイスの連携

多くの人々が活用しているスマートフォンのiPhoneは、アプリによる拡張機能やBluetoothでの無線接続によって、外部デバイスとの連携がスムーズに行えます。

ウェアラブルデバイスは、iPhoneと連携して各種データを表示したり、グラフで表示したりといった事が可能であり、鞄の中にiPhoneを入れていてもメールの着信が分かったり、運動などによる消費カロリーを把握する事が出来たりします。



iPhoneは、アップルウォッチと呼ばれる腕時計型の端末と特に親和性が高く、iPhoneを遠隔操作したり、スマートフォンに着信したメールを確認したりといった事が容易に出来ます。

つまり、ウェアラブルデバイスは、わざわざスマートフォンを取り出さなくても良い作業をウェアラブルデバイス側で行えるようになりますので、よりコンピューターと一体感を感じながら、各種データを確認出来る環境を構築する事が可能です。ウェアラブルデバイスで多いタイプは、腕時計タイプであり、一般的な腕時計として使う事も出来ますので、普段は腕時計として使い、必要に応じて情報端末として使うといった使い分けられます。



ウェアラブルデバイスは、スマートフォンと比較して、ディスプレイが小さかったり、バッテリーが小容量であったり、高性能なプロセッサを搭載していなかったりしますが、健康に関連する機能が優れていますので、スポーツなどを行う人々には有効に使えるデバイスとなっています。